バレンタインの英語のつづりは?あとはハッピー、デーを足すだけ!ホワイトやチョコレートも紹介

2月14日はバレンタインデーです。

バレンタインデー。

カタカナではよく見ますが、英語・・・
見慣れないから急に言われると書けないですよね。

この調べたタイミングで是非覚えてしまいましょう。

スポンサーリンク

「バレンタイン」の英語のスペル

バレンタインのつづりは「Valentine」です。

そのまま読むとヴァレンチネですね。

 

注意したいところ

  • 最初のバは「B」ではなく「V」
  • レは「L」
  • タイは「tai」ではなく「ti」
  • 最後のンは「n」ではなく「ne」

 

何ヵ所かややこしいところがあるので
気を付けて下さい。

 

ハッピーバレンタイン、バレンタインデーのスペルや補足

valentineの前後には
「happy」や「day」を付けますね。

もしdayを付ける場合は、

「valentine‘s day」という風に
「’s」を付けましょう。

読み方はバレンタインズデーではなくて、
そのまま「バレンタインデー」で大丈夫です。

また頭には「聖」を意味する「St.」をつけます。

「St. Valentine’s Day」

 

ホワイトデーやバレンタインチョコレートのスペル

チョコレート

バレンタインデーのお返しであるホワイトデーや
バレンタインの定番の贈り物のチョコレート、
それぞれのつづりを見ていきます。

 

ホワイトデーのスペル

バレンタインのお返しとしてのホワイトデーのつづりは、

white day」。

ホワイトデーは欧米やキリストとは関係ない
独自に作られたお返しの日です。

ホワイトさんという人はいないので
「St」「’s」は不要です。

バレンタインチョコレートのスペル

バレンタインチョコレートのつづりは、

「Valentine’s chocolate」

普通に読むとバレンタインチョコラテ。
チョコラテ・・・なにか聞いたことがありますが、

  • チョは「tyo」ではなく「cho」
  • コは「ko」ではなく「co」
  • レートは「R」ではなく「L」

気を付けましょう。

ちなみにチョコラテ(ラーテ)という読みはスペイン語です。

 

まとめ

バレンタインやハッピーバレンタインは
よく言葉にはしますが、
書く機会ってあまりないですよね。

もし書く機会があれば、お間違えのないように。笑

スポンサーリンク