ファンから推しへのプレゼントで嬉しいものは?男性が貰っても捨てるもの

俳優やモデル、ミュージシャンとして活躍する人には、必ずファンの人がいますよね。

ファンクラブも存在するわけです。

『これをあげて自分の気持ちを伝えよう!』と考えるファンの方が多いかと思いますが、実際、男性芸能人は何を貰ったら嬉しいか考えるのも大事。

自分の気持ちを伝えるだけではなく、『これあげたら喜んでくれるだろうな』までのことを考えられるファンの方は素敵です。

まずは事務所の禁止品をチェックし、イベントや舞台からの禁止品もプレゼントしないようにチェックです。

はまっているものや、趣味などブログやInstagramなどでリサーチしておくと尚いいと考えます。

ここから具体的にどんなものが喜ばれるか考えていきましょう。

スポンサーリンク

ファンからのプレゼントで男性が嬉しいもの

ご当地モノ

地方住みの方にはオススメです。

芸能人は色々なところへ飛び回るといっても、都市部が多く大体場所は限られてますよね。

忙しいと旅行もなかなか行けません。

そこで、その住んでいるところならではの特産品を贈ると良いですね。

問題は、食べ物はOKかどうかですね。(保存性があるのは前提)

 

愛用しているブランドのアイテム

これはとくに喜ばれます。

洋服やアクセサリー類だと日常でも使ってもらえたり、もしかしたらSNSやブログにも登場する可能性がありますね。

自分用にも購入しとけば、しれっとお揃い(笑)なんてことも。

ただ注意点は、既にもっている物や好みじゃないブランドを選ばないようにすること。

相当好きだとほとんど揃えてる場合もあり、入手難易度が高いものだとより良いですね。

店員さんに相談しながら選ぶのがいいかも。

スポンサーリンク

ギフト券

金券類が禁止な事務所もあるので、事前にチェックしておかなくてはならない所ですが、現金ではないので、気兼ねなく使ってくれるものではないでしょうか。

具体的には、飲食店で使えるギフト券であったりとすぐに使えそうなものが良いかと思います。

 

癒し系グッズ

めぐりズムの蒸気でアイマスクは安価で消耗できるし、疲れを癒してほしいと思う労いの気持ちを込めて、贈るのにいいのではないでしょうか。

香りも何種類かあるので、楽しめます。

その他、入浴剤や着圧ソックスなど、体を休ませることのできる商品がいいですね。

 

怖いと思うプレゼントは?

プレゼントって貰えると嬉しいものですが、ちょっと行き過ぎたとんでもないものを貰ってしまったら、恐怖でしかないですね。

 

ぬいぐるみや仕込めるもの

ぬいぐるみの中に、盗聴器やGPSの発信機を入れ、悪質なことをするファンの人が最近いるみたいです。

危険かつ、犯罪ですよね。

GPS発信機はいくらでも小型化されているので、どんどん巧妙になってきています。

ぬいぐるみの差し入れ自体をやめるべきだとは思いますが、純粋なファンの方も中にはいらっしゃるので、どんどん制限してしまうと辛いものがあります。

 

現金や高級品

きちんとした事務所なら、『高価なプレゼントであったり現金は受け取らない』と記載していますが、それでも無視して送るファンの方もいます。

貢いだ分だけ期待し、執着してしまうリスクがあります。

たしかに100万円もするバックをプレゼントして、高級なものをあげたにも関わらず、『お礼の品もないのか?自分だけサービスはないのか?』など見返りを求めて、結局返せとか言いそうです。

芸能人に限らないことですけどね。

スポンサーリンク

生き物や食べ物

生き物はそもそも論外ですね(笑)

飼育の問題もありますし。

食べ物は、手作りのものだと何を入れられているか分かりませんよね。

手作りでなかったとしても、何かを混入させることはできると思います。

何か入っているかもしれないと思いながら食べるのも怖いです。

 

貰っても捨てないといけないプレゼントは?

貰ったら怖いと思うプレゼントと被ってきますが、危険を感じたり、悪質なものは廃棄されます。

GPS発信機がいつまでもあると、居場所をつきとめられたりする可能性があります。

想いが強すぎる贈り物は危険です。

また、手作りやナマモノも貰った側にとっては何が混入されているかわからないので、間違いなく捨てられますね。

 

あなたがすれ違いざまに見知らぬ人から貰ったときのことを想像してみて下さい。

それと同じ感覚だと思います。

スポンサーリンク

ファンからのプレゼントで男性が嬉しいものまとめ

『これを贈ったら本人が身に着けてくれるのではないか』『返事をもらえるのではないか』

など、見返りを期待しないことは、とても大切だと考えます。

プレゼントは気持ちの問題です。過剰な期待を抱いてはいけません。

そして一番大事なことは、プレゼントを贈ることでなく『応援したい気持ちを伝える』ことです。

ですから、ようはお手紙だけでも十分なのではないでしょうか。

純粋に気持ちを伝えられる、1つの手段です。

お手紙と+ちょっとしたプレゼントを渡せることで、お互いが節度の気持ちを持つことができるでしょう。

スポンサーリンク