ヘアオイルつけすぎた?ドライヤーのタイミングや対処法を紹介

朝のヘアセットの時やお風呂上りに髪を乾かす時などヘアオイルを付けすぎてしまって焦った、という経験はありませんか。

ヘアオイルを付けすぎると髪がベタベタになってしまって困りますよね。

今回は、ヘアオイルを付けすぎた時の簡単な対処法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ヘアオイルをつけすぎたときの対処法

ヘアオイルは髪を乾かす前に髪につけて髪の傷みを防いだり、朝のスタイリングの時に使ったりと便利なものですよね。

でもうっかり手に出し過ぎてもったいないので全部付けたら髪がベタベタに…なんてことも。

そんな時簡単にヘアオイルを取る方法があるので解説していきます。

 

ベビーパウダー

朝などの急いでいるときは、ベビーパウダーでヘアオイルをオフするのがおすすめです。

ベビーパウダーは脂分を吸い取ってくれますのでベタベタ感が軽減されてサラサラの手触りになりますよ。

やり方は以下です。

  • ベビーパウダーを手に取る
  • トップから少しずつ髪の毛にもみ込んでなじませていく

たったこれだけなのでとてもお手軽ですよね!

注意点としては、付けすぎないようにすること(付けすぎると髪が白っぽくなってしまうため)と毛先にはあまり使い過ぎないことです。

パフがついている場合はパフを使う方が簡単でおすすめですよ。

スポンサーリンク

 

ベビーパウダーが無いとき

とはいえ家にベビーパウダーがない方も多いと思います。

洗い流す時間もないという忙しい朝には、タオルを濡らして良く絞ったもので髪の毛についたオイルをふき取りましょう。

根元は少し難しいかもしれませんが、毛先などのオイルは意外と簡単にふき取れます。

洗い流すより効果は薄れますが、応急処置としては簡単な方法なのでやってみてくださいね。

 

ドライシャンプー

もしもドライシャンプーをお持ちの場合は使用方法に従って使ってみましょう。

サラサラの髪になってくれますよ。

 

ウエットヘアを生かす

本当に時間がないときの対処法としては、ウエットヘアを生かしたスタイリングも良いですね。

せっかく髪がまとまりやすい状態になっているので、アップにしてみたり、ヘアバンドなどでおしゃれにアレンジしてみましょう。

 

朝、前髪につけすぎたとき

前髪の束感を出したかったのにうっかりオイルを付けすぎてギトギトしてしまうことってありますよね。

そんな時はオイルを手でふき取ってみましょう。

付けすぎたヘアオイルの油分を手のひらに移すようにふき取り、手を洗って乾かすのを数回繰り返しましょう。

洗ったりするよりは落ちるオイルの量は少ないですが、お手軽に落とすことができますよ。

スポンサーリンク

 

ヘアオイルをつける方法

ヘアオイルにはいくつか付け方のルールがあります。

ルールを守らないとベタベタしてしまったりうまくスタイリングできなかったりするので残念な仕上がりになってしまうことも。

朝と夜で付け方を見ていきましょう。

 

朝の場合

朝ヘアオイルを付けるときは基本的にスタイリング前にしましょう。

ブラッシングの前につければ髪の滑りが良くなり、ブラシの摩擦によるダメージから髪を保護してくれます。

アイロンやドライヤーの前につけることで髪の乾燥やパサつきを抑え、つやつやの状態にしてくれる効果も。

 

しかし最近はウエットヘアなどのスタイルが流行したこともあり、仕上げのスタイリング剤としてオイルを使い、束感を出したりまとまりやすくしたりすることもあります。

この場合、使い過ぎるとギトギトしたオイリーな髪に見えてしまうことがあるので使う量には注意してください。

 

夜の場合

夜にヘアオイルを使うときは、お風呂上りにタオルドライをした後、ドライヤーで乾かす前がおススメ。

適量を手に付けたら頭皮や根元などにはできるだけ付けずに、髪の毛先と内側を中心になじませましょう。

その後ドライヤーでしっかりと乾かせばしっとりツヤツヤの髪になり、翌朝のまとまりも良くなりますよ。

スポンサーリンク

 

夜つけすぎたまま寝るとどうなる?

ヘアオイルを付けすぎたまま寝てしまうと、結果的に髪を傷める原因になってしまうことも。

オイルを付けすぎた髪は乾きにくくなり、乾かしたつもりでも生乾き状態になってしまいます。

その状態で寝ると、キューティクルが開いたままの髪に枕やシーツで摩擦が加わることになり、髪にダメージを与えてしまうのです。

 

夜にうっかりヘアオイルを付けすぎた場合は、もう一度シャンプーなどでしっかり洗い流すのがおすすめですよ。

 

まとめ

  • ヘアオイルを付けすぎた時はベビーパウダーを少しずつもみ込んでいけばオフできる。
  • ベビーパウダーがないときは濡らして固く絞ったタオルやドライシャンプーなどでも落とすことができる。
  • どうしても時間がないときはあえてウエットスタイルの髪型にアレンジしてみるのもいいかも。
  • 前髪に付けすぎた時は渇いた手で何回かふき取ってみて。
  • ヘアオイルは朝は基本的にスタイリング前に使うのがおススメ。夜はドライヤーの前につけるとしっとり仕上がる。
  • ヘアオイルは付けすぎたまま寝ると髪のダメージになるので適量を使おう。
スポンサーリンク