足拭きマットを洗濯機で一緒に洗うと汚い?頻度や毎日洗うほうがいいのか紹介

普段お風呂上りに使っている足拭きマットですが、雑菌だらけで汚いイメージが強く、洗濯機で洋服や下着、靴下などの衣類と一緒に洗うのは大丈夫なの?とちょっと抵抗がありますよね。

とはいえ、毎回分けるのもめんどう。

本来ならば、バスマットはお風呂できれいに洗ったあとに濡れた足を拭くものなので、汚いものではないんです。

毎日洗濯をすればいいのですが、濡れたまんまの状態で床に放置しておくと細菌やカビが発生して汚いものになってしまうんです。

今回は、バスマットのオススメの洗濯の仕方や、洗う頻度など、バスマットの洗濯しやすい方法について紹介していきたいと思います。

一切洗濯したくない人には珪藻土のバスマットがオススメです。

足拭きマットと他の衣類は一緒に洗濯したら汚い?

バスマットを衣類と一緒に洗うと汚いような気がしてしまいませんか?

バスマットは濡れた足の水分を拭き取るものです。

お風呂上がりの足はきれいに洗っているので、よほどのことがない限り汚くはないはずです。

そう思うと、バスマットのためだけに洗濯機を回すさなくても、毎日衣類と一緒に洗っても大丈夫ですよね。

 

しかし、白癬菌と言って、水虫などの菌をもった家族がいる場合、同じバスマットを使うと移るといわれています。

「じゃあ衣類と一緒に洗濯するのはいけないんじゃないの?」

となりますよね。

白癬菌は弱アルカリ性の洗剤に弱く、洗濯用洗剤え洗うとほぼ除菌ができるといわれています

スポンサーリンク

また、最近の洗濯用洗剤は優れモノが多く、除菌効果があります。

一緒に洗っても汚れが移らないようになっているので、毎日バスマットを洗うのであれば、衣類と一緒に洗っても問題ないということですね。

 

ただ、バスマットが濡れたままのものを放置すると細菌やカビなどが発生する原因になりますので、何日も洗っていないバスマットは衣類とは別に洗った方がいいと思います。

分ける場合のおススメの洗濯の仕方

バスマットにもいろんな素材のものがあります。

毛羽立ちやすいポリエステルやアクリルなどの素材や毛足が長い素材のものと一緒に洗濯をしてしまうと、ほかの洗濯物についてしまうこともありますので、素材によっては分けて洗うことをオススメします。

タオル地の素材のバスマットでしたら、ほかのものと一緒に洗濯しやすいですよね。

また、先ほど白癬菌などの菌がついていても一緒に洗濯しても大丈夫だといいましたが、抵抗力の弱い赤ちゃんなどの洗濯物と一緒に洗うとまれに感染症につながる可能性もありますので、そういう場合は別に洗濯した方がいいですね。

スポンサーリンク

バスマットの洗濯の頻度は?

バスマットは毎日洗濯するほうが一番いいです!

「お風呂上りはキレイだから洗わなくてもいいだろう」と洗濯をせずに毎日干すという人もいますが、全く雑菌がつかないということではないので、イヤなニオイの原因にもなります

といってもそまま放置しておくよりはマシですが…。

毎日は洗えないという場合は週に1~2回でもいいので、洗うようにしましょう。

バスマットの洗濯しやすい方法やコース

バスマットは衣類と同様に洗濯機の普通コースで洗うことができます。

洗濯機で洗うときは濡れた面を表にしてたたんで、洗濯ネットに入れてくださいね。

 

私は除菌をしたいので、バスマットやほかのマットをまとめてワイドハイターで洗っています。

 

また、衣類を洗うときは柔軟剤を入れて洗濯しますが、バスマットを洗うときは柔軟剤を使わないほうがいいかと思います。

柔軟剤を入れて洗うと吸水性が劣ってしまいます。

バスマットは吸水しないと意味がありませんよね。

なので、洗剤のみがオススメです。

また、中には洗濯機で洗いたくないという人もいますよね。

気になる方は、手洗いで洗ってもいいと思いますよ。

その場合は、バケツに洗剤を入れて、しばらくつけ置きして手洗いしたほうが汚れも落ちやすくていいでしょう。

スポンサーリンク

 

バスマットを洗うと洗濯機が汚い?

洗濯用洗剤をしっかり使ったり、毎日洗っていたら問題ありません。

もし日が空いてしまったり、気になる場合は軽く手洗いをすると良いですね。

足拭きマットをやめてしまうのもアリ

そもそもバスマットが必要なのか?というところです。

私はお風呂から上がる前に足を拭きますので、バスマットはまったく濡れないんですね。

ただ、家族がいるのでバスマットを無くすことは出来ませんが、家族の協力があったり、1人暮らしの場合は無くてもいいんじゃないかと思います。

 

他にも一時期流行った珪藻土が良いですね。

使われている方も多く、評価も高いです。

足拭きマットの洗濯は一緒で大丈夫かまとめ

バスマットは汚いというイメージが強く、私実際衣類とは別に洗うタイプでしたが、よく考えてみると、バスマットより靴下の方がよっぽど汚いんじゃないか、と思ってから考え方も変わりました。

バスマットを洗えないときが多いというときは、お風呂上りに体を拭いたタオルで足も拭いてそのまま洗濯機に入れるという方法もいいのではないかと思います。

また、珪藻土のバスマットを使えばわざわざ洗濯しなくてもいいので、こちらもオススメです。

珪藻土のバスマットの場合は、濡れたらすぐ乾いて放置しがちですが、使った後は立てかけておいてください。

バスマットは衣類と一緒に洗濯しても全く問題はありませんが、一緒に洗濯するのはイヤだという人も多いものだと思います。

考え方も人それぞれだと思うので、自分なりの洗濯の仕方で、バスマットをいつもキレイにしておきましょう。

スポンサーリンク