エジソン箸のデメリットは?いつから使うか、オススメと大人用も紹介

赤ちゃんから離乳食くらいまではごはんを食べさせてもらうばかりだった子どもも、2~3歳頃になってくるとお箸に興味を持ち始めます。

 

いきなり普通のお箸を持たせても、小さい手ではうまく持てずに挫折してしまいがちですが、二本がつながっていて指を入れるところも付いているエジソン箸なら比較的小さなお子さんでもうまく使うことができますよね。

お箸デビューにはエジソン箸を使ったよ、という方もかなり多いのではないでしょうか。

 

しかし、そんな便利なエジソン箸ですが、良いことばかりではなくデメリットもあるようです。

今回はそんなエジソン箸のメリットとデメリットやおすすめのトレーニング箸などについてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

エジソン箸のデメリットとメリット

いい面とあまりよくない面があると言われているエジソン箸ですが、では具体的にはどのようなことがあるのでしょうか。

順番に見ていきたいと思います。

 

エジソン箸のメリット

  • お箸を持つのが初めての小さい子どもでも上手に持つことができ、スムーズに食べ物をつかんだり口に運んだりすることができる。
  • エジソン箸は上手に食べられるため、子どもがごはんを自分で食べたいという自立心が芽生える。
  • 自分でできた!という達成感や自己肯定感が上がる。
スポンサーリンク

 

エジソン箸のデメリット

  • エジソン箸で上手に持てているからと言って決して普通のお箸が上手に持てるというわけではない。
  • 普通のお箸とは全く違うため、エジソン箸しか使えなくなる(普通のお箸は結局一から教えなおしになるため二度手間になる)
  • エジソン箸の持ち方の癖がつくため、普通のお箸に移行するのが大変になる。

 

このようにエジソン箸は、子どもにとっては使いやすくて自分で食べることへの意欲も出てくるものです。

反面、エジソン箸を使うだけでは普通のお箸は上手に持てるようにならず、移行するときに大変というデメリットもあることがわかりました。

お箸に興味を持たせるときには良いのですが、付き合い方を考えて使わないといけないのかもしれませんね。

 

エジソン箸はいつからいつまで?

では実際エジソン箸を使うのは何歳から何歳くらいまでなのでしょうか。

 

最初はやはり、お箸に興味を持つくらいの年頃である2歳半~3歳頃あたりなのではないでしょうか。

我が子にも3歳前くらいにエジソン箸を初めて持たせましたよ。

 

色々なキャラクターのものもあったりするので、初めてお箸を持つ子どもにとってはよいきっかけになりますよね。

また、ケースが付いているものもありますので、外食などの時にも持っていきやすく、色々な場面で使うことができます。

 

そして、エジソン箸を卒業するタイミングは、幼稚園入園や保育園の進級などがきっかけになることが多いのではないでしょうか。

お弁当や給食の時間、園の方針でちゃんと1本ずつ分かれたお箸を使ってくださいと言われることもあり、その時から普通のお箸を持たせるという声もありました。

 

実際私も子どもが入園した時にお弁当だったのですが、普通のお箸を持たせてくださいと言われ、そこから移行したという経験があります。

最初は大変でしたが、幼稚園など集団生活の中だと子どももやる気を出してくれたので、意外とスムーズに普通のお箸に移行できましたよ。

スポンサーリンク

 

オススメのトレーニング箸

では実際に使うとなるとどのようなトレーニング箸がおススメなのでしょうか。

 

イシダ 子供用 三点支持箸 右きき用 15cm

created by Rinker
イシダ(Ishida)
¥442 (2022/01/27 14:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはくぼみが付いており、そのくぼみが指にフィットして正しい持ち方をサポートしてくれます。

シンプルなデザインで木製なので、長く使えそうなのも魅力です。

 

イシダ ちゃんと箸  右きき用子供矯正箸

こちらも同じくイシダのトレーニング箸です。

シリコンのパーツで指の正しい位置が身につけられるようになっており、理想的な箸使いを感覚的に理解することができるのだそうです。

シリコンは取り外し可能なので、成長に伴ってお箸を変えても付け替えて使えるのでとても便利ですね。

 

ののじ はじめてのちゃんと箸SS グリーン

上部がシリコンのキャップでつながっていますが、きちっと矯正しすぎず自由度が高いのが特徴のお箸です。

ハードタイプとソフトタイプのキャップがあるので習熟度に応じて付け替えることもできますよ。

 

大人用 イシダ 箸の持ち方矯正きちんと箸

大人の方でもお箸の持ち方に自信がなかったり、うまく持つことができないという人のための矯正箸があります。

イシダ 箸の持ち方矯正 きちんと箸 おとな用 21cm 右利き

 

こちらのお箸は理想的なお箸の支点と持ち方をサポートするシリコンが付いており、お箸自体にも指に沿ったくぼみがあるため、自然に正しい持ち方ができるようになるという優れものです。

お箸の持ち方が気になる人だけでなく、手のリハビリ中の方にもおススメのお箸です。

 

まとめ

エジソン箸はしっかりとしたガイドが付いており、2歳頃の小さい子供でも上手に食べ物をつかんだりできるため、お箸デビューには最適だと言えます。

しかし、エジソン箸を使うだけでは普通のお箸が上手に持てるようにはなりません。

むしろ持ち方の癖がついてしまい、普通のお箸に移行するときに大変な場合もあります。

 

そのため、最初のきっかけにエジソン箸を使っても、保育園や幼稚園でご飯を自分で食べるようになるくらいの時期には普通のお箸の練習も並行してした方が良いと言えるでしょう。

様々なメーカーから持ち方矯正箸は発売されていますので、工夫しながらお箸の使い方を教えていけるといいのではないでしょうか。

 

また、大人用の矯正箸もありますので、持ち方などにイマイチ自信がないという方は一度試してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク