加湿器のカルキがクエン酸で取れない?落ちない理由や取り方

加湿器を毎日使用していて中をよく見てみると、汚れている!

これでは加湿器を使用してもきれいな空気じゃなくなってしまいますよね。

そこで加湿器を掃除しようにも、石化したカルキが取れないこともしばしばあります。

今回は加湿器の汚れのお掃除方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

加湿器の汚れはクエン酸で取れる?間違った取り方

加湿器を使用するときに水道水を入れて使っている方が多いと思います。

この水道水が加湿器を汚しているんです。

水道水にはカルシウム、ミネラル、塩素が含まれています。

加湿器に入れてそのままにしておくとカルシウム、ミネラル、塩素の物質が変化して水垢が発生してヌメリが出てきます。

水垢やヌメリを定期的に掃除をしないで汚れたまま使っていると、加湿器からカビなどの雑菌を出してしまうことになります。

汚いまま加湿器をつけておくとカビを体の中に吸い込んでしまい、体調にも影響してきます。

 

こんな時はクエン酸を使ってお手入れするといいと言われています。

しかし、加湿器のタイプによってはクエン酸を使えないものもありますので注意してくださいね。

クエン酸の濃度を濃くした方がよく落ちると思って入れすぎると、加湿器のパーツを痛めてしまいます。

また、カビ取り剤などの塩素系の漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生してしまうので、ほかのものを混ぜないようにしましょう。

スポンサーリンク

クエン酸での正しい取り方

クエン酸は汚れを柔らかくする特徴がありますので、ガンコな汚れもきれいに落としてくれます。

掃除の仕方に注意してきれいにする方法を紹介します。

準備するもの

  • クエン酸
  • 歯ブラシ
  • タオル
  • お湯
  1. 加湿器のパーツを外す
  2. ホコリや汚れを軽く洗って落とす
  3. 洗面器やバケツにぬるま湯を入れクエン酸を溶かす・・・説明書に書いてある分量を参考に!
  4. パーツをクエン酸の入った容器につけ置きする・・・つけ置き時間は30分~1時間を目安にします。
  5. 落ちてない汚れを歯ブラシで汚れを落とす
  6. 流水でしっかり洗う
  7. しっかり乾燥させる

簡単ですね!

このときクエン酸が残らないようにキレイに洗い落とさないと故障の原因にもなりますので注意してくださいね。

また、水分が残ったままパーツを戻してしまうと雑菌が繁殖してすぐに汚れてしまいますのでしっかり乾燥させてから戻してください。

それからフィルターのお掃除はこまめにすることが大事です。

フィルターはクエン酸を使わず、水洗いだけでも十分汚れは落ちます。

スポンサーリンク

加湿器別の扱い方

加湿器にはいろんなタイプのものがあります。

タイプ別にお手入れの仕方も違いますので、それぞれに合った正しいお手入れをするようにしましょう。

スチーム式

水を加熱して蒸発させて加湿するタイプ。

  • タンクの水は毎日交換する
  • クエン酸の液につけ汚れはブラシで落とす
  • ゆすいでタオルで水分を拭き取り、よく乾かす

タンクの水を交換することを忘れずに入れ替えるときは軽くゆすぎましょう。

ハイブリッド式

ハイブリッド式にはスチーム式+気化式の温風気化式とスチーム式+超音波式の過熱超音波式があります。

温風気化式

水を含ませたフィルターに温風を当て蒸発させるタイプ。

  • 吸気口カバー、フィルターは週に1度は水洗いする・・・きちんと乾かすこと
  • タンクの細かい部分をブラシで落とす
  • 水でゆすぎよく乾かす

 

加熱超音波式

加熱した水を超音波で霧状にして加湿するタイプ。

  • 毎日タンクの水を交換する
  • タンクの細かい部分をブラシで落とす
  • 水でゆすぎよく乾かす

両方とも基本的にお手入れの仕方は同じですが、温風気化式の場合はフィルターをキレイにしておくことが大事ですね。

 

超音波式

水を高速で振動させ水分を霧状にして加湿するタイプ。

  • 給水タンクを取り外しクエン酸液に1時間程度つけ置く
  • 中の汚れをブラシで落とす
  • トレー、フィルターは外して洗いきちんと乾かす

タンクの水は毎日交換し週に1度はお手入れした方がいいです。

スポンサーリンク

気化式

水を含んだフィルターに風を当てて蒸発させて加湿するタイプ。

  • フィルターを外し水で洗い流す
  • よく乾かして取り付ける

2週間に1度はフィルターの掃除をするのがオススメです。

最近では抗菌作用が搭載された加湿器もありますが、お手入れはどのタイプの加湿器も必要です。

どれもお手入れ方法は共通していますね。

また、メーカーごとにお手入れ方法も違ってくるので、きちんと説明書を読んでからそれぞれに合ったお手入れをしてくださいね。

 

クエン酸以外での方法

加湿器を掃除しよう!と思いついたときにクエン酸がない!というときの代用できるものです。

お酢

クエン酸は酸性です。

お酢も同じ酸性なので同じ効果が期待できます。

水200㎖に対してお酢を20㎖入れてつけ置きします。

ただ、酸っぱいにおいが残ってしまいますので、きれいにすすいでください。

それでもしばらくは酸っぱいにおいがしてしまうのがデメリットですね。

重曹

水1ℓを沸騰させて重曹を50g入れます。

冷やしてからつけ置きします。

重曹はカビ汚れに効果を発揮しますが、白くなった石灰にはあまり効果がありません

クエン酸ほどの洗浄効果はありませんが、消臭効果には期待できます

 

お酢や重曹もクエン酸の代用として使えますが、デメリットもありますので、理解したうえで使うといいですね。

スポンサーリンク

加湿器のカルキがクエン酸で取れないまとめ

クエン酸は人やペットの体に害がなく、お手入れするときに使用するのに安心して使えます。

また、定期的に加湿器のお手入れをすることが一番大事ですね。

ただ、たくさんクエン酸を入れたからといってキレイになるわけではなく、ちゃんとした方法で清掃しないと石化したカルキは取れません。

家族の健康を守るためにも、安心してお掃除できるクエン酸で加湿器のお手入れをして気持ちよく過ごしてくださいね。

スポンサーリンク