シンクが乾くと白くなるのはクエン酸が原因。重曹で白い汚れを落とす方法を紹介

毎日使うシンクはいつもきれいにしておきたい場所の一つですよね。

ステンレスのシンクは水拭きした直後はきれいに見えても、乾くと何だか白っぽくなってしまうということはありませんか?

触り心地もツルツルではなくザラザラしていたりすることもあるかもしれません。

今回はそんなステンレスのシンクの白い汚れの原因や落とし方について解説していきます。

 

スポンサーリンク

シンクステンレスの白い汚れや点々、ザラザラの原因

毎日掃除をしているのについてしまう白い汚れやザラザラの正体は水垢や石鹸カスなんですね。

 

水垢

ステンレスのシンクや蛇口などにつく白っぽい汚れは「水垢」です。

これは水道水に含まれるケイ酸やカルシウム、マグネシウムなどの成分が渇いて固まったものです。

触るとザラザラしており、これを放っておくとどんどんと水垢が堆積してしまいこびりついて取れなくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

石鹼カス

もう一つ、シンクが白く汚れる原因は石鹸カスです。

これは食器用の洗剤と水のミネラルが混ざって蓄積していき、白く汚れて見えるようになってしまったもののこと。

 

水垢とよく似ているのでわかりにくいですが、水垢はアルカリ性、石鹼カスは酸性と反対の性質を持っていますので落とし方が異なります。

 

シンクの水垢掃除をして乾いたら白くなった

シンクの汚れにはクエン酸がきくというのはよく言われていますね。

しかしクエン酸をつかってもまだ汚れが取れず、逆に乾いたら白っぽくなってしまったということはありませんか?

もしかするとその掃除法、順番が違ったのかもしれません。

クエン酸を使って掃除するときにはいくつかの注意点があります。

 

クエン酸が原因?なぜ?

クエン酸はとても優秀な掃除道具ですが、落とせる汚れと落とせない汚れがあります

汚れの種類との相性があるということですね。

シンクの水垢を落とそうとしてクエン酸を使ったのに、逆に白っぽくなってしまったのはシンクの油汚れとクエン酸が化学反応を起こしてしまった可能性があります。

スポンサーリンク

 

シンクには普段の洗い物などで食器や調理器具などからでた油汚れも付着しています。

その汚れを最初に落としておかないと油とクエン酸が反応してしまい、かえって白くなってしまうことになりますので注意してください。

 

その他にも、クエン酸スプレーを吹きかけてからの放置時間が長かったということも考えられます。

クエン酸の液が乾くと、クエン酸の粉が白っぽく残ってしまうことがあります。

しつこい汚れだからと言って長時間放置しすぎるとかえって粉っぽく白残りしてしまうかもしれません。

 

白い汚れの落とし方

シンクの汚れには種類があることがわかりましたが、ではそれぞれの汚れの落とし方はポイントは変わってきます。

 

油汚れや石鹼カス

食器や調理器具などから出る油汚れには重曹が効果的です。

一見すると水垢だけがついているように見えるシンクでも意外と油が残っていますので、先に油汚れを落とすことにより、そのあとの水垢掃除をより効果的に行うことができますよ。

 

水100mlに対して小さじ1ほどの重曹を溶かしたスプレーをシンクに吹きかけ、5~10分放置しましょう。

そのあとスポンジでサッとこするときれいに油汚れが落ちてくれますよ。

石鹼カスも酸性の汚れですので、重曹で落とすのが効果的です。


 

水垢

油汚れをきれいに落とした後は水垢掃除に着手しましょう。

一旦乾燥させると汚れがどこにあるかよくわかり掃除しやすくなります

 

クエン酸を40℃くらいのぬるま湯100mlに対して小さじ1/2程度溶かしてクエン酸スプレーを作ったら、シンクの水垢に直接スプレーしましょう。

頑固な汚れには上にキッチンペーパーなどをかぶせてパックします。

こうして1時間程度置いておき、その後スポンジで軽くこすればピカピカのシンクになってくれますよ。

 

まとめ

  • ステンレスシンクにつく白い汚れやザラザラの原因は水垢や石鹼カス。同じような白い汚れだが、水垢はアルカリ性、石鹸カスは酸性という真逆の性質を持っている。
  • クエン酸でシンクを掃除するときは先に油汚れなどを落としておかないと化学反応を起こし、乾いた時にかえって白くなってしまうこともある。
  • クエン酸を吹きかけたあとあまりにも長時間放置すると乾いて白残りすることもあるので要注意。
  • シンクの掃除の順番としては、まず重曹で油汚れや石鹼カスなどを落とし、そのあとでクエン酸で水垢を落とすのが効果的。
スポンサーリンク