マフラーをプレゼントする意味と色!女性、男性の友達へ贈るときは注意!

クリスマスや誕生日などにプレゼントするマフラー。

定番だと思います。

定番すぎて何も考えずにプレゼントしてませんか?

マフラーをプレゼントする意味を知ると、贈る気が無くなるかもしれません。笑

関連記事

寒くなり、マフラーを巻く季節。 「もうマフラーをしていいのかな?」 「寒いけど、まだつけてたら変?」 日本人は同調性があるので どうしても自分というより「周りがどうか」で 判断してしまいますよね。 そこでマフラー[…]



スポンサーリンク

マフラーをプレゼントする意味!

マフラーを贈る意味は「縛っておきたい」「首ったけ」などという意味になります。

マフラーは首に巻いて使いますが、それが首輪に連想されたり、首繋がりで「あなたに首ったけ」という意味があります。

首ったけというのは相手にすっかり惚れ込んでるという意味です。

そういえばかなり前に映画でもありました。

そのほかにも輪っかのようなもの、ネックレス、ネクタイなども首周りに使うので同じ意味を持つと言われています。

 

マフラーの色の意味

自分の好きな色ならまだしも、「なんでこの色?」と思ったら以下の意味が込められてるかもしれません。

  • 赤・・・大胆、暖かい、情熱的
  • 黄・・・太陽、明るく
  • 白・・・清楚、ピュア、真面目
  • 青・・・知的、冷静、クール
  • 緑・・・家庭的、安心感
  • 紫・・・大人、凛、ミステリアス、神秘的
  • 黒・・・落ち着き、守り、寄せ付けない、無難

こうなってほしいという願望があるかもしれませんね。

プレゼントする側は普通に相手の好きな色を選ぶほうがいいですね。

貰った側も単純に相手の好きな色なのかもしれません。

 

マフラーを友達へプレゼントする意味

恋人同士でも友達同士でもマフラーをプレゼントするということは、相手を「束縛」「首ったけ」という意味を含ませることになります。

恋人同士なら、「束縛」「首ったけ」でもいいのですが、とくに恋愛関係ではない友達へのプレゼントは注意が必要ですね。

もし相手がプレゼントする意味を知っていて、勘違いでもされたら大変なことになりますね。笑

そもそも恋愛関係ではない友達から「形に残るモノはプレゼントしてほしくない」と言われてますから(その人が欲しいものだったら別ですが)、正直いいますと消耗品が良いですね。

どうしてもマフラーを贈りたい場合は、渡すときに「マフラーって首ったけって意味があるらしいけど、ただ単純にプレゼントしたかっただけだからね」と一言言っておきましょう。笑

 

まとめ

マフラーをプレゼントした経験がある方は鳥肌立ちますね。笑

恋人なら束縛されて嬉しい人もいるので喜ぶ人もいますけど、ただの友達だとちょっと引きますね。

まぁただの隠された意味なのでそこまで深く考える必要はありませんが。

もし気になるのであれば、マフラーをチョイスしないか、一言伝えてあげるといいですね。


スポンサーリンク