ネクタイピンのプレゼントはいまどきいらない?送る意味や彼氏、先生にオススメピンを紹介

ネクタイピンは小ぶりでプレゼントとしても贈りやすく、実用的なものだという印象がありますよね。

でも、タイピンやタイバーは一度買ったらずっと使い続けるようなものなので、渡す側からしたら「いらないんじゃないか?」とも思ってしまいます。

ただ貰う側からしたら、タイバーなどはあまり買うタイミングがないので貰うと嬉しかったりもします。

今回は、男性への贈り物にネクタイピンを贈るのは迷惑になってしまうのか、プレゼントする意味などもお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ネクタイピン、バーのプレゼントはいまどきいらない?

ひと昔前はネクタイにはネクタイピンを付けるのが社会人としてのマナーであるというような風潮がありました。

しかし現在ではクールビズやウォームビズといったスタイルも浸透し、ネクタイを必ずしもつけなくてよくなったり、ワイシャツの上にセーターやカーディガンを着たりすることもあり、昔とはスーツの着方やマナーが変わってきています。

そのためかっちりしたイメージのあるネクタイピンを付ける人は少なくなってきているのかもしれません。

 

しかし、本来のネクタイピンの機能は身だしなみを整えること。

いつの時代でも、ネクタイが曲がっていたりジャケットからネクタイがはみ出ていたり、風でネクタイが乱れたりすると格好悪いですよね。

そんな時ネクタイピンをつけていればいつもスマートにスーツを着こなすことができます。

 

また、ネクタイやスーツのスタイルにこだわりがあるおしゃれな人も、素敵なネクタイピンをしていれば周りに差を付けられるので、ちょっとしたこだわりのおしゃれを楽しみたいときはおすすめだと言えるでしょう。

また、結婚式などのフォーマルな場に参列する際、女性に比べると男性はシンプルな格好になりがちですので、ネクタイピンを付けることによりおしゃれで華のあるコーディネートを作ることができます。

TPOに合わせたネクタイピンをいくつか持っておけば、様々なシーンでとても便利に使えますよ

 

あと意外とタイバーはタイピンは買うタイミングがないので、そんなタイミングで貰えるとめちゃくちゃ嬉しいです。

スポンサーリンク

 

タイピンやタイバーをプレゼントする意味

ネクタイなどの首周りにつける装飾品には「あなたに首ったけ」「あなたを束縛したい」というような意味があります。

ネクタイピンもネクタイに付随した装飾品ですので、意味合いは同じだと言われています。

それに加えてネクタイピンはネクタイを補助する役割がある道具ですので、「あなたを支えたい」という意味もあるのだそうです。

しかしこれらの意味はそこまで一般的に知られているものではないですので、あまり深く考える必要はないかもしれません

 

色にも意味がある

ネクタイピンはカラーによってシーン別や職業別に使い分けても良いでしょう。

 

  • 最も使いやすくどんな職業の人にでも使いやすいのはシルバーです。

シルバーには清潔感があり、どんなネクタイにも自然となじんでくれます。

 

  • ゴールドのネクタイピンは暖色系のネクタイによく合います。

普段、暖色系のネクタイを良くされる方にはおすすめです。

また華やかなパーティーなどの場にも向いていると言えるでしょう。

あまりきらきらとしているとちょっと付けにくいというときは、ピンクゴールドでしたら柔らかい印象になりますよ。

スポンサーリンク

 

  • 黒っぽいガンメタリックのネクタイピンは落ち着いた色が好きな方におすすめです。

かっちりしたイメージのある色ですので、銀行員の方や公務員の方などに向いているかもしれません。

 

プレゼントにオススメのタイバー

ネクタイピンは男性に使うシーンが多いと思いますが、その中でも年代や職種によって贈るネクタイピンも変わってきますよね。

 

30代の彼氏にはポールスミス


働き盛りの30代の彼氏には、ビジネスシーンで使えるネクタイピンを贈ってみてはどうでしょうか。

シンプルながらもストライプが入っていてオシャレ。

シルバーが清潔感を感じさせてくれますね。

ネクタイにつければ程よい存在感が一つ上のおしゃれを演出してくれるのではないでしょうか。

 

先生や上司にはミラショーン


お世話になった先生や上司にはミラショーンのタイバーを贈ると良いですね。

職業柄、きちんと感のあるものが嬉しいです。

洗練されたシンプルなデザインからワンポイントが入ったオシャレなタイバーまで揃っています。

普段使いはもちろん、卒業式や入学式でフォーマルな格好をする機会の多い先生にはネクタイピンは向いている贈り物です。

その人に合ったタイバーを選ぶと良いですし、名入れも良いですね。

 

まとめ

  • ネクタイピンやタイバーはよくプレゼントとしていらないものと言われがちだが、スーツの身だしなみを整えるのにはとても大切な装飾品。
  • 買うタイミングがあまりないので意外と嬉しい。
  • 普段のスーツスタイルを格上げしてくれる便利なアイテムでもある。
  • ネクタイピンを女性から男性に贈る意味は「あなたに首ったけ」という気持ちが込められていることも。
  • 「あなたを支えたい」という意味も。
  • ネクタイピンのカラーは使うシーンや相手の好みに合わせて選ぶのがおすすめ。
スポンサーリンク