マフラーの毛がつく?つかない方法とついた毛を取る方法を紹介

マフラーは寒い季節の必需品ですよね。

冷たい風も防げますし、ファッションのアクセントにもなるので秋冬には愛用している方も多いと思います。

でも、マフラーを巻くとコートやスーツ、制服のブレザーなどに毛がつく!取るのが大変!というのはよくあります。

せっかくのお気に入りのマフラー、気持ちよく使いたいですよね。

今回はそんなマフラーについて、ちょっとしたことで毛をつくのを防げたり、簡単についてしまった毛をとることができますので紹介していきます。

 

スポンサーリンク

マフラーの毛がつかない方法

マフラーの毛が洋服につく一番の原因は静電気です。

具体的に静電気を起こしにくくするためには、下記のような対処法があります。

 

  • 静電気防止スプレーをかけておく
  • 少量の柔軟剤を混ぜた水をスプレーしておく。なければ水だけでもOK。
  • 洗濯する

 

静電気防止スプレーは、名前の通りかけておくだけで静電気を防止することができます。

とても便利なアイテムですので一つ持っていると色々な繊維製品に使えますよ。


 


また、柔軟剤に含まれている界面活性剤には、水になじみやすい分子が入っており、その分子が繊維につくことで静電気を逃がしてくれるという働きがあります。

そのため柔軟剤を混ぜた水をスプレーすることにより、静電気を抑えることができるのです。

柔軟剤がないという方や、出先で静電気が気になるという方には水だけでもOK。

スプレーで水を吹きかけ、手でまんべんなくマフラーの表面に水を付着させると静電気の発生を防ぐことができますよ。




また、洗濯するのも静電気には効果的です。

毛も落ちますので一石二鳥ですよ。

 

注意点としては、マフラーの洗濯は優しく手洗いするようにしてください。

マフラーを傷める心配も少なくなります。

マフラーの種類によっては洗濯できないものもありますので、品質表示のタグをしっかりと確認してくださいね。

 

つきにくいマフラーの素材

マフラーは繊維製品ですので毛が抜けてしまうことは仕方ないことともいえます。

しかし、比較的毛がつきにくい素材はカシミアだと言われています。

カシミア製品は価格も高めでお手入れが少し大変なところがありますが、大切に使えば長持ちしますし、肌触りもよいですので一本持っていると重宝します。

また、モフモフのかわいらしいマフラーは見た目がかわいいので選びがちですが、毛足が長いものですので毛がつきやすいといえるでしょう。

毛足の短いものですとやはり毛は付きにくくなりますよ。

 

また、繊維の種類によって+に帯電しやすいものと-に帯電しやすいものがあります。

+と-は引きあいますので、+同士、-同士の素材の服とマフラーを組み合わせると静電気が起こらず毛がつきにくくなるといえます。

 

・+に帯電しやすいもの…ナイロン、レーヨン、ウール、カシミア

・-に帯電しやすいもの…アクリル、ポリエステル、ポリウレタン、アセテート

 

例えば、ウールのコート×カシミアのマフラーの組み合わせや、アクリルのアウター×ポリエステルのマフラーの組み合わせですと、帯電しにくいと言えるでしょう。

アウターとマフラーの素材それぞれの性質をうまく組み合わせると毛がつきにくいですよ。


ついたマフラーの毛を取る方法

それでも毛が洋服についてしまった、というときはいくつか簡単に取る方法がありますのでご紹介しますね。

 

テープやコロコロ

ガムテープなどだと、だいたいどのおうちにも常備していると思います。

そういったもので毛は簡単にとることができますよ。

あまり粘着力の強いものですと洋服の生地を傷めてしまいますので、できれば粘着力の弱めの紙テープなどがおすすめです。

コロコロだとテープより持ちやすく、粘着力が落ちたらすぐにはがして何度も使えるのでより便利ですね。


洋服用のエチケットブラシを使う

ついてしまった毛を取るのにはエチケットブラシも便利です。

毛の付いた部分をサーっとなでるだけで簡単に取ることができますよ。

エチケットブラシは最近では百均などでも売られていますし、中には携帯用のものなどもありますので、一本カバンの中に入れておくと外にいるときでもサッと使うことができて便利ですね。


まとめ

  • マフラーの毛が洋服につくのは静電気が原因なことが多い。
  • 静電気防止スプレーや柔軟剤を入れた水(なければ水だけでもOK)、洗濯などによって静電気は抑えることができる。
  • 洋服とマフラーの相性(+-どちらに帯電しているか)を考えて組み合わせることでも静電気は起こりにくくなる。
  • もし毛がついてしまったらテープや洋服用エチケットブラシで簡単に取ることができる。

 

 

スポンサーリンク