ネクタイをプレゼントする意味や心理は束縛?男性と女性、同性での違いや注意点を紹介

ネクタイは女性から男性へ贈る定番のプレゼントと言えます。

ビジネスシーンで使うことが多いものですので、必ずしも親密な間柄ではなくても贈りやすく重宝しますよね。

しかしネクタイのプレゼントには少し注意しなくてはいけない意味があることも…

今回はそんなネクタイのプレゼントに込められた様々な心理や、贈る相手によっての意味合いなどについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

ネクタイのプレゼントに注意?意味や心理

ネクタイは恋人や配偶者に贈ることも多いですが、上司や同僚などの誕生日や異動のときなどにも送ったりしますよね。

仕事で使うことが多いものですので贈られて迷惑になる方はあまりいないと思います。

しかし相手の好みやTPOに合わせて贈る必要がありますので、選ぶのは少しコツがいると言えるでしょう。

ここではシチュエーションごとにどんな意味があるのか紹介します。

 

女性から男性に贈る

ネクタイは首に巻くものですので、女性から男性に贈ると「あなたに首ったけ」という意味を持つと言われています。

また、それ以上の「あなたを束縛したい」という少し重めのメッセージが込められてしまうことがありますので、贈る相手は恋人や配偶者が最適かもしれません。

またネクタイは、もともとヨーロッパの兵士のお守りとして首に布を巻くという習慣から広まったという説があり、その当時から妻や恋人が贈るというルールがありました。

そのため、現代でも仕事を頑張ってほしい、というようなお守り代わりの意味合いを込めて贈る場合もあるのではないでしょうか。

 

同性の場合

ネクタイには「あなたを尊敬しています」という意味もあるので、同性へのプレゼントにしても良いと言えるでしょう。

男性は実用的なプレゼントを好む傾向がありますよね。

仕事で使えるネクタイはまさに実用的で喜ばれる贈り物になると思います。

 

上司に贈る場合

上司へプレゼントする場合には、やはり女性から男性だと「あなたに首ったけ」という意味が含まれていますので誤解を生まないようにしないといけません。

二人きりの時などに渡してしまうと、もしかして自分に気があるのかな…?ともとられかねませんので、上司に贈る場合は個人的に渡すのではなくその部署のみんなから、などにすると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

韓国では?

韓国の人は友達や恋人などに思いを込めてプレゼントを贈ることが大好きだと言われています。

ネクタイのプレゼントは女性から贈るときには「あなたを離さない」という強い愛情表現の気持ちが込められているとか。

私のことを見て!という気持ちを込めて大好きな男性に贈るのが良さそうですね。

 

ネクタイの色にも意味や効果がある

定番で使いやすいブルー系や紺系のネクタイは誠実、知性、冷静さを表すカラーです。

薄めのブルーだとフレッシュさ、濃いブルーや紺色だと落ち着いた雰囲気になります。

 

赤系のネクタイはアクティブなイメージを持ちます。

情熱的、積極的などポジティブな印象を相手に与えることができるのではないでしょうか。

ビジネスでここぞという場面につける方もおられるのでは。

 

グレー系のネクタイは冷静、穏やかといった落ち着いたイメージです。

馴染みが良く主張しないので、相手に警戒心を抱かせにくいのだとか。

 

ピンクのネクタイは、優しさ、包容力などを表します。

おおらかで器の大きな人という印象を与えられるのではないでしょうか。

 

プレゼントにオススメのネクタイ

年齢によっても変わってくるので、ザックリ年代別でご紹介します。

 

若い世代にカルバンクライン


20代~30代の若い世代は、表情が明るくなるようなきれいな色のネクタイを選ぶのがおすすめです。

薄いブルーなどの定番の色だと外すことがありません。

こちらのブランドには赤系や青系が多く、周囲に好印象を与えられる色が揃っていますので、営業などをされている方に特に向いてますね。

 

目上、ご年配にはジョルジオアルマーニ


日頃からお世話になっている上司には上質なネクタイを贈りましょう。

落ち着いた色味でスマートな印象を与えることのできるこちらのネクタイはとてもおススメですよ。

こちらのブランドはデザインやカラーも充実していますので、上司に似合う一本を選んで贈ってみてくださいね。

 

まとめ

  • ネクタイを女性から男性へプレゼントするときは「あなたに首ったけ」という意味が込められている。
  • 同性同士だと「尊敬」の意味があることも。
  • 上司に贈るときは、女性から個人的にだと変な誤解を生む場合も。部署全体から、など複数人から贈るのが無難。
  • 韓国では女性から男性へおくると「あなたを離さない」という強い愛情表現に。
  • ネクタイはカラーによって人に与えるイメージが違う。TPOや気分に合わせて選ぶのがおすすめ。
スポンサーリンク