東芝のテレビは壊れやすい?画面が消えることも。故障率や安い理由も紹介

東芝のテレビREGZA(レグザ)は国産のテレビの中でも比較的コスパが良く、検討されている方もおられるのではないでしょうか?

しかし、コスパが良い分すぐに故障したり、「壊れやすいんじゃ?」と不安になってしまうこともありますが、製造拠点を変えて製造コストを下げているんですね。

安い=壊れやすいということでもないんです。

ちなみに私も実際にレグザを4年ほど使っています。

 

今回は東芝のテレビについての口コミや、実際故障したという口コミをもとにした故障率についてご紹介します。

また、東芝のテレビはなぜ安いのか、様々な機種の中でも評価が高いものなどについてもご紹介していきます。

 

ちなみにこちらのテレビは家電量販店でも人気で、評価も安定しているのでオススメです。




東芝テレビは壊れやすい?

東芝のテレビと言えば「レグザ」が有名ですよね。

そんなレグザ、ちょこちょこ故障しやすいという噂を耳にします。

主に液晶パネルの不具合を言われている場合が多く、「画面が突然真っ暗になってしまった」、「バックライトが故障した」などの声が見受けられ、液晶が弱いのかなという印象もありました。

 

画面が消えることも

ちなみに私も数台の内、東芝のレグザを使用しています。

今で5年目くらいになり、最近まで特に調子が悪くなることなく使用していましたが、たまに画面の上3分の1くらいが薄暗くなって画面が消えることもありました。

また別の日には画面下の3分の1くらいが薄暗くなる現象も…。

 

ずっと続くなら修理か買い替えをしようと思っていたのですが、特に何もしないうちにいつの間にか治っていました。

少々液晶に不安はありますが、今のところ調子が良くなってくれたのでまだまだ使えそうです。

 

出荷台数が多く故障だけが目立つ

そもそも東芝のテレビは国内でトップクラスのシェアを誇っていますので、もともとの出荷台数もかなり多いと推測されます。

そのため、引きが悪いと故障しやすいものに当たってしまうこともあるのかなとも感じました。

つまり割合にすると、そこまで壊れやすいということでもないんですね。

 

逆に「全く故障せず10年くらい使っている」というような声もあったので、長持ちするかどうかは運次第ということかもしれません。

ちなみにこちらの2017年です。

 

故障率はどれぐらい?

では、実際東芝レグザの故障率はどのくらいなのでしょうか?

Amazonで実際に販売された口コミの中で、「故障した」という内容のものをざっくりと調査してみました。

 

  • 東芝 43V型 液晶テレビ レグザ 43M540X 470件 うち10件ほど
  • 東芝 43V型 4K液晶テレビ レグザ 43Z570K 34件 うち1件
  • 東芝 43V型 液晶テレビ レグザ 43Z730X 4K (2019年モデル)93件 うち3件

 

こう見ると、買ったばかりで故障するというのはかなり低い確率のようですね。

43Z570Kは母数が少ないのでなんともいえませんが、他2つは1%も満たないので優秀です。(これが全てではないですが。)

これらのテレビの☆の数は、どれも☆5つが最も多く、かなり満足度の高いテレビだということがうかがえました。

また、比較的手が出やすい価格(6万円台くらい)のものは売れている数が多いため、その分故障の報告もやや多くなっています。

 

東芝テレビの安い理由

安くて高品質と言われている東芝のテレビ。

東芝は国内メーカーなのに、なぜほかのメーカーよりも安くテレビを販売できるのか調べてみました!

 

実は中国系企業!

東芝レグザには「東芝」と名前が付いていますが、実はこのブランドのテレビの開発、製造を行っているのは「TVS REGZA株式会社」という神奈川県にある別会社なんです。

東芝は2018年にテレビ事業を中国のハイセンスグループに譲渡しており、TVS REGZA株式会社は日本にあるものの、事業の拠点は中国になったため、製造コストが下がり、安くて高品質のものが作れるようになったということですね。



 

評価が高く壊れにくい機種

東芝 50V型 液晶テレビ レグザ 50C340X 4Kチューナー内蔵 外付けHDD W録画対応 (2020年モデル)

東芝のテレビの中でもコスパの面と機能の充実度、画像のきれいさなどからおすすめなのはこちらの機種です。

画像もきれいで、4K放送やアニメを見たり、ゲームをする方などからもよい評価が多く、とてもバランスの良いテレビではないかと思います。

 

東芝のテレビは壊れやすいのかまとめ

国内メーカーの中でもトップクラスのシェアを誇る東芝レグザ。

他の国内メーカーのテレビよりもコスパが良く、高品質なのが魅力ですよね。

 

しかし、安いのは嬉しいけど故障などが心配、という方もおられると思います。

レグザは出荷台数がかなり多いので液晶などの初期不良のものも中には含まれているようですが、そこまで多くはなさそうなのであまり気にしなくてもいいと思います。

 

なぜこんなに安価で商品を提供できるのかというと、実は東芝レグザはハイセンスに事業を売却し、中国系の企業になっていたからでした。

製造拠点を中国に移すことにより、より一層のコスト削減を実現できたのですね。

 

コスパ・品質共にとても良い東芝レグザ、買い替えを考えている方は一度店頭で実物を見てみてくださいね。

 

⇒amazonのテレビ売れ筋ランキング

⇒楽天市場の東芝テレビ売れ筋ランキング

 



スポンサーリンク