財布に入れておくといい金額は?新しい財布にお金を入れる日や時間なども紹介

金運アップしたい時は、財布の中身をきれいに整理整頓し、お金に関するものだけを入れるのが大切だと言われています。

いつも何気なくお金を入れている財布ですが、実は入れておく金額によってお金の流れが変わるってご存じですか?

今回は実際に財布に入れておくと良い金額や、年齢別にいくらくらい財布に入れているかなど、気になる財布の中身について解説していきます。

金運アップのためにぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

風水で財布に入れておくといい金額は?

財布に入れておくお金はいくらがいい、としっかり決まっているわけではありません。

しかし、寂しがり屋のお金はできるだけたくさんのお札を入れておいた方が仲間を呼んでくれると言われています。

目安としては10万円程度が良いのだそう。

でも10万円以上って大金ですよね。

もし落としたら大変とか、入っているとつい使ってしまいそう、なんて思う方もおられると思います。

 

しかし、大金が財布に入っていると思うと緊張して逆に落としたり財布を適当に扱ったりしなくなるのだとか。

そしてもしも無駄遣いしてしまったら、それを反省し、無駄遣いしないように気を付けられるようになるのだと言います。

 

財布に1万円程度しか入れていないと、一見無駄遣いしないように思えますが、足りなくなったら補充を繰り返し、結局たくさん使っているなんてこともよくあることです。

目で見て減り具合などが把握できるので、たくさん入れておく方が無駄遣いが減るという利点もあります。

余裕のある方は入れておくべきですね。

 

また、そんなにたくさんはやっぱり無理!という方は、お守り代わりに常に新札の1万円を入れてみてください。

お金の仲間を呼んでくれる効果がありますよ。

無理のない範囲で多めのお札を入れてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

年齢別の実際の金額

では、実際はみなさんどのくらいお財布にお金を入れているのでしょう。

年代別に見ていきたいと思います。

 

・20代

5000円~10000円(男女とも)

・30代

5000円~10000円(男女とも)

・40代

10000円~20000円(男性)

5000円~10000円(女性)

・50代

10000円~30000円(男性)

5000円~20000円(女性)

・60代

10000円~30000円(男性)

5000円~20000円(女性)

 

最近はキャッシュレス化も進み、あまり大金を持ち歩く人は多くないという印象ですね。

特に若い世代は男女ともに10000円未満の方が多いようです。

また、女性はどの世代でも10000円以下しか持ち歩かない人も多数派のよう。

男性は50代になると30000円程度を財布に入れている方も多いようです。

 

財布に入れておくといい小銭は?

「お金にご縁がありますように」の願いを込めて、財布には5円玉を入れるのもおすすめです。

ただ入れるだけではなく、5円玉の穴にひもを通して結んだものを入れると、お金とのご縁が結ばれ、金運アップにつながりますよ。

この時注意したいのが自分の生まれ年の5円玉を使うということ。

これをピカピカに磨いてひもを結びましょう。

結ぶのはコットンの赤いひもがベストです!

お守りなので、小銭入れではなく札入れに入れておくといいですよ。

 

新しい財布にお金を入れる日や時間

新しい財布を買うと嬉しくて、ついすぐに使いたくなってしまいますよね。

でもちょっと待って、財布には使い始めると金運が良くなる日や時間があるのです。

紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

 

天赦日と一粒万倍日

1年に数回だけ訪れる最上の吉日と言われる天赦日。

この日に始めることは何事もうまくいくと言われており、財布を使い始めるのにもピッタリの吉日です。

一粒万倍日は一粒の籾が万倍にもなり、立派な稲が実るという意味があり、この日から財布を使い始めるとお金が増えると言われています。

天赦日と一粒万倍日が重なる日は財布の使い始めには最も適している最高のタイミング。

今年は11月12日がこの日にあたります。

この日を目がけてお財布を新調するのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

使い始める時間帯

お金は風水において金の気を帯びており、その気と相性がいいのが水の気だと言われています。

時間帯でいうと水の気なのは17:00~23:00までの間。

この時間帯にお財布を購入したり使い始めたりすると金運が上がるとされています。

逆に火の気と金の気は相性が悪く、朝の11:00~13:00に使い始めると金運が下がってしまうと言われているので注意してください。

 

まとめ

  • 財布にはできるだけたくさんの一万円札を入れておくと金運が上がり無駄遣いも減る。
  • 10万円くらいがよいが、難しければ新札の1万円札をいつもお守り代わりに入れる。
  • 年代別にみると実際の財布に入れる金額の平均は10000円から30000円程度の人が多数派。
  • 財布(札入れ)には赤いひもを通した5円玉を入れると金運のお守りに。
  • 新しい財布は天赦日や一粒万倍日に使い始めるのがベスト。
  • 時間帯は水の気の17:00~23時の夜からがおすすめ。
スポンサーリンク