ペットボトルコーヒーは体に悪いしまずい?無糖と微糖、缶コーヒーや添加物について

ペットボトルのコーヒーや缶コーヒーは、スーパーやコンビニ、自販機などで手軽に買えてすぐに飲めますよね。

ただその反面、体には悪いともいわれています。

また、自分でコーヒー豆や粉からドリップしたコーヒーやカフェなどで提供されるコーヒーに比べたら、まずいな・・・と感じますね。

基本的には飲みすぎなければ問題ありませんが、理由や添加物についてお伝えします。

ちなみに個人的には上島が好きです。


でもやっぱりお家で飲むならドリップしたほうが美味しいです。


スポンサーリンク

ペットボトルコーヒーが体に悪いといわれる理由

ペットボトルや缶コーヒーが体に良くないといわれる理由は、

  • 添加物
  • 砂糖
  • 脂肪
  • カフェイン

あたりでしょうか。

 

添加物

BOSSのコーヒー

酸化防止剤、アセスルファムK、トレハロース、セルロース、アスパルテームなどが含まれています。

お店に売っているほとんどの商品にはこのような添加物が表記されていると思います。

保存飲料なのでもし添加物がNGだと、スーパーやコンビニ、自販機に売っている商品のほとんどがNGになってしまいます。笑

 

微糖と無糖

BOSSのコーヒー

WHOが発表している1日の砂糖の摂取量は約25gと言われています。

缶コーヒーは微糖を含めると大体8~15gでしょうか。

容量の大きい500mlペットボトルのクラフトボスでしたら炭水化物が100mlあたり5.1g、1本飲むと約25gです。

500mlのとろけるカフェオレは30g以上・・・一本で1日の目安をすぐオーバーしちゃいます。

 

砂糖だけでいうと、無糖のコーヒーが良いですね。

とはいえ、普段から甘いコーヒーを飲んでる人はツライ・・・。

 

ちなみに他の食べ物にも砂糖が含まれているので、忘れちゃダメですよ。

ちなみにショートケーキ1個で約25gといわれています。

言わずもがな摂取しすぎると太るので注意です。

 

カフェイン

カフェインは1日あたり400mgまでといわれています。(妊婦さんは300mg)

大体のコーヒーは100mlあたり約60mg入っているといわれています。

スポンサーリンク

コーヒーだけだとマックス600mlぐらいでしょうか。

 

ただし、ウーロン茶や緑茶にも100mlあたり20~50mgは含まれているので、一気に400mgオーバーすると思います。笑

 

カフェインはサッパリ出来ますが、依存性、不眠症などデメリットもあるので量は守りたいですね。

 

チルドコーヒーは?

最近はカップ型でアルミのフタで溶着、プラスチックのフタが被さったチルドコーヒーが増えてきましたね。

チルドコーヒーは0~10℃の環境で生産から販売までされているコーヒーです。

代表的なのはマウントレーニアとか。

チルドコーヒーも同様に添加物などが含まれていますが、無添加のチルドコーヒーもあります

とはいえ、手軽で美味しく飲めるのでやめられないですよね。

1日1本なら問題ないですが、2本3本といくと飲みすぎかも・・・。


やっぱりまずい?オススメの飲み方

以前は缶コーヒーやペットボトルのコーヒーを職場などで毎日飲んでいましたが、やっぱりお家で自分で淹れたコーヒーのほうが美味しいです。

なので、お家で淹れたコーヒーに比べるとまずいですね。笑

その中でもまだ飲めるのは上島のコーヒーでしょうか。


個人的にオススメは

お家ではもちろん自分でドリップして入れて飲んでいます。

淹れたてで美味しいし、砂糖やミルクの量も調整出来るからです。

なので少し手間ですが、自分は外で飲むときも自分で淹れたものをペットボトルや水筒に入れて持って行きます。

外でも自分で砂糖やミルクを調整したコーヒーが飲めるし、何より添加物も入っていないので体に良いですよね。

これをやり始めてから市販のペットボトルや缶コーヒーは飲めません。笑



 

\テレビでも紹介されたコーヒーメーカーを見てみる/

 

まとめ

  • ペットボトルコーヒー、缶コーヒーは飲みすぎると体に悪い
  • 糖質、添加物、カフェインの過剰摂取につながる
  • 手軽に買えるが、自分でドリップしたコーヒーに比べるとまずい
  • ドリップは砂糖、ミルクの調整が出来て無添加なので、時間がある人はオススメ


スポンサーリンク