デラウェアは皮ごと食べる?むき方や食べ方、栄養やカロリー、レシピなどを解説!

デラウェアは粒が小さいので、サイズとしては食べやすいですよね。

でも小さくてたくさんついているので、全部の皮をむきながら食べるのって大変です。(-_-;)

なので、皮ごと食べてしまいたい!と思うところですが、栄養的に大丈夫なのか?

また、カロリーや食べ方などのレシピも解説します。



スポンサーリンク

デラウェアは皮ごと食べる?むく?

デラウェアやブドウの皮は、独特の舌触りで苦みがあって食べにくいですよね。

丁寧にむいて食べる人や、そのまま食べる人もいます。

むいて食べる場合は問題ないとして、皮ごとの場合は大丈夫なんでしょうか。

 

皮の農薬は気にしなくても大丈夫

無農薬で栽培されたデラウェアもありますが、農薬を使われているデラウェアももちろんあります。

店頭に並んでいる、農薬を使用して栽培されたデラウェアやブドウは、国が定めている農薬の基準値をクリアしているので大丈夫です。

 

ちなみにアメリカなどではそのまま食べるのが一般的です。

 

それでも心配

しっかり水で洗えば問題ありませんが、それでも心配、でも皮ごと食べたいという方は食用の重曹を使った重曹水でしっかり洗うと良いですね。



皮のむき方

まず房から取ったデラウェアのお湯に3~5秒ほどつけてから、氷水で冷やします。(動画では15~20秒ですが、5秒でもじゅうぶんでしたので、調整しながら試してみて下さい)

そして房から外したときに出来る小さい穴の反対側の皮を、シワを作るようにつまみます。

すると裂け目が出来るので、そこを唇に当てて、指で皮をさらにつまみながら吸うと口の中に入ります。

強く吸いすぎると喉まで直接いくので注意してください。

また念のため小さいお子さんはやめてくださいね。

 

また、爪楊枝を皮の隙間に入れてぐるりと一周回すと取り出しやすいです。


デラウェアの場合は、やはりお湯につけてむくほうがおススメです。

 

デラウェアの皮むき器はない

ブドウ、巨峰用はありましたが、デラウェアやマスカットほどのサイズの皮むき器はありませんでした。

キングデラなら使えそうですね。

デラウェアの栄養

デラウェアはとくにミネラルが豊富です。

また、カルシウム、カリウム、ペクチン、鉄、銅、亜鉛などもまんべんなく含まれています。

 

デラウェアの皮の栄養は?

食物繊維やポリフェノールをたくさん含んでいます。

抗酸化作用や美容にも良いですし、便秘にも効果的ですが、食べ過ぎると消化不良を起こしやすくなるので注意です。

 

デラウェアのカロリー

デラウェアは100gあたり約59キロカロリーです。

甘酸っぱくて美味しいあのパイナップルが100gあたり約51キロカロリーなので、糖質を多く含んでいるデラウェアは他の果物に比べると少しだけ高めになっています。

 

デラウェアの食べ方のレシピ

デラウェアはジャムも相性がいいですし、皮ごとならヨーグルトやケーキ、冷凍だとアイスのトッピングにも良いですね。

まとめ

  • デラウェアの皮をむくときはお湯に数秒つけて、すぐ冷やすとむきやすくなる
  • 皮は栄養価が高いので、皮ごと食べたほうが良い
  • 農薬が心配なら重曹水で洗う
  • デラウェアはミネラル、カルシウム、カリウムなど豊富、皮は食物繊維やポリフェノール。
  • 他の果物に比べて少しだけカロリー高め。
  • ジャム、ヨーグルト、アイス、ケーキなどなんでも使える。

 


スポンサーリンク