ミルメークは体に悪い?いつから販売?どこで買えるか紹介

ミルメークは懐かしい!という方と、何それ?知らない、名前は聞いたことがあるけど…という方がおられると思います。

 

ミルメークは牛乳嫌いの子どものために生み出された、混ぜれば牛乳をコーヒー牛乳にできる粉末(液体もあります)のこと。

私も子どものころミルメーク(液体)が給食に出る日はとてもうれしかったことを覚えています。

 

そんなミルメークですが、現在は給食に出たという話はあまり聞かなくなりました。

一部では「体に悪い」といわれたりしていますが、それは本当なのでしょうか?

今回はそんな懐かしいミルメークについて解説していきたいと思います。

【お買い物マラソン割引アイテム】ミルメーク お好きな味を3袋 送料無料 ポイント消化 コロナ 応援 牛乳消化

 

スポンサーリンク

ミルメークが体に悪いといわれる理由

一部で体に悪いのでは?とささやかれていたミルメーク。

なぜそういわれているのか調べてみました!

  • コーヒー味には原料にインスタントコーヒーが使われているためカフェインが少なからず含まれているから
  • 甘いため、飲みすぎると肥満の原因になるから

ということが言われていました。

 

しかし、基本的に子どもが給食で飲む牛乳に使うことを前提に作られているものですので、そこまでカフェインに過敏になる必要はないと考えられます。

スポンサーリンク

 

また、一般的にも市販されているミルメークですが、毎回牛乳に入れて飲んでいれば甘いので太る可能性もあるでしょう。

どんなものでも食べ過ぎたり飲みすぎたりすればそのリスクはありますよね。

ですので、摂取量を考えて飲めば太ることもないと思われます。

 

ミルメークの歴史

懐かしの給食食材であるミルメークはどんなもので、いったいどのようにして広まったのでしょう?

ミルメークは名古屋にある大島食品工業株式会社という会社が製造、販売しています。

こちらの会社はもともと粉薬を製造する大島製薬所という会社でした。

その後、食品部門が設立され、学校給食用の食材を製造するようになったということです。

 

そもそもミルメークが生まれた背景には、昭和40年代に給食で出された脱脂粉乳の味が美味しくなかったことをきっかけに、「プリンの素」という脱脂粉乳に混ぜて味を変える商品を開発したのが始まりなんだそうです。

スポンサーリンク

 

その後、脱脂粉乳から牛乳に切り替わりましたが、栄養面では牛乳より脱脂粉乳の方がカルシウムやビタミンB2などがすぐれていたため、その足りない栄養を美味しく補うためにコーヒー味のミルメークが開発されたのだとか。

牛乳をよりおいしく栄養価のある状態で子どもに飲んでもらいたいという思いでできた商品だったのですね!

 

年代はいつから?今は売ってる?

そんなミルメーク、いつから飲まれていて今はどうなっているのでしょう?

気になったので調べてみました。

 

ミルメークはいつから?

ミルメークが発売されたのは昭和42年です。

ちょうど学校給食が脱脂粉乳から牛乳へと切り替わっていく過渡期の頃ですね。

最初は粉末タイプで発売され、現在は溶けやすい顆粒タイプと液体タイプに改良されています。

 

あまりなじみのない地域もあるかもしれませんが、ミルメークは現在でも47都道府県すべてを網羅しており、どの都道府県でも使われているとのことです。

しかし給食の献立は各自治体の教育委員会が決めているため、同じ県でも「出た」「出なかった」という差が出てしまうのだそうです。

スポンサーリンク

 

味の種類

コーヒー味が最もポピュラーなミルメークですが、ほかの味はあるのでしょうか?

私が小学生の頃はイチゴ味があったような気がします…甘くておいしくて大好きでした。

実際にはどんな味が発売されているのか調べてみました!

ミルメークの味には

  • コーヒー
  • ココア
  • イチゴ
  • バナナ
  • メロン
  • 抹茶きな粉
  • キャラメル
  • 紅茶

の何と8種類もの味があるのだそうです!

こちらは粉タイプのもので、液体タイプだとコーヒー、ココア、イチゴの3種類になるということです。

【お買い物マラソン割引アイテム】ミルメーク お好きな味を3袋 送料無料 ポイント消化 コロナ 応援 牛乳消化

 

栄養、カフェインは?

味も豊富なミルメークですが、栄養価やカフェインなどについても気になるところですよね。

 

ミルメークの栄養価やカフェインについて

甘くておいしいミルメークには、カルシウムやビタミンCなどが配合され、栄養価も考えられたものになっています。

その他、食物繊維なども入っていますので、牛乳の栄養価をさらに強化してくれる食品だといえるでしょう。

 

上でも少し触れていますが、コーヒー味には原料にインスタントコーヒーが使われていますので、多少のカフェインは含有されているようですが、子どもが飲むことを前提に作られているものですのでそれほど気にする必要はないかと思います。

スポンサーリンク

 

ミルメークはどこで買える?

懐かしのミルメーク、もう一度飲みたいという方や、どんなものなのか飲んでみたいという方もおられるかもしれませんね。

ミルメークはどこで売られているのか調べてみました。

 

百円ショップ

意外と多かったのが百円ショップで購入できたという情報です。

キャンドゥやダイソーなど、一般的な百円ショップでも売られていることがあるようですので、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

スーパーや駄菓子屋

百円ショップ以外でも、スーパーやドラッグストア、駄菓子屋さんなどで購入したという声もありました。

お買い物の時に見てみるのもいいかもしれませんね。

 

ネット通販

ミルメークは楽天やAmazonなど、様々なネット通販で購入することもできますよ。

味も色々と選べますので、取り寄せて飲み比べることもできますね。

【お買い物マラソン割引アイテム】ミルメーク お好きな味を3袋 送料無料 ポイント消化 コロナ 応援 牛乳消化

 

ミルメークは体に悪いのかまとめ

懐かしの給食食材ミルメークは、昭和40年代に牛乳を美味しく、より栄養価を高くして飲んでほしいという願いを込めて発売された商品でした。

今ではあまり見かけなくなったのかと思いきや、現在も各都道府県に出荷されて給食に出されています。

味もコーヒーだけではなく、イチゴやバナナなど様々な種類があることがわかりました。

身体に悪いという噂もありましたが、実は栄養価もしっかり考えられており、飲みすぎなければむしろ体にいい食品であるといえるでしょう。

地域差があるので出会えない人もいますが、そんな時は百円ショップやスーパー、通販などでも意外と簡単に手に入れることができますので、気になるという方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク