オロナミンCは体に悪い?一日何本まで?寝る前や中毒性、長生きについても紹介

体に悪いと噂されてるオロナミンC。

甘すぎたりカフェインが含まれてるかららしいですが・・・。

でもあの独特のビンの形や色、甘くてキリっとした炭酸で美味しいですよね。

ビンも正直どんな飲み物が入っているかわからないビンですよね。笑

 

そこで、

オロナミンCは体に悪いのか、

一日何本までなら大丈夫か、

中毒性や寝る前は大丈夫か、

オロナミンCと長生き、

について紹介していきます。


 

スポンサーリンク

オロナミンCが体に悪いのは飲みすぎだから

オロナミンCは糖質やカフェインが多く含まれているので飲まないに越したことはないのですが、やっぱり美味しいので飲みたいですよね。

しかし、飲みすぎとなると、糖質やカフェインなどの過剰摂取につながります。

オロナミンC

ちなみに液体の色は黄色。

こげ茶色のビンに入っているので、初めて見る人もいるんじゃないでしょうか。

量も150mlの小さいコップにちょうどぐらい。

副作用はないけど、健康上のリスクはある

 

オロナミンC

 

薬ではなく清涼飲料水なので副作用はありませんが、糖質やカフェインを多く含んでいるので、飲みすぎると糖尿病や不眠症などのリスクがあります。

 

良い効果もある

とはいえ、飲み方によってはむしろ効果的でもあります。

ブドウ糖とカフェインを同時に摂取することで、覚醒作用に効果的なのでスッキリしますし、集中力ややる気がアップします。

 

こどもは大丈夫?

清涼飲料水なので飲んでも問題ありません。

もちろん飲みすぎはいけませんが・・・。

 

また、糖分が多いので、1日1本でも際どいと思うので、2~3日に1本がベストかと思います。

 

一日何本まで?寝る前は?中毒性はある?

飲みすぎは良くないのですが、じゃあ1日何本飲んでいいのか?となりますよね。

 

公式では、

スポンサーリンク

通常お飲み頂いている清涼飲料水の範囲内であれば、問題はありません。栄養バランスや摂取カロリーのバランスを考えてお飲みください。

引用元:https://www.otsuka.co.jp/

 

となっていますので、何本までという決まりはないようです。

ただ、栄養バランスとカロリーを考えないといけません。

 

ちなみに砂糖は、WHOが定めている1日の摂取量の目安は成人で25gです。

 

オロナミンC

このようにオロナミンCは19g(炭水化物)なので、1本で1日の半分以上の摂取となります。笑

角砂糖は1個3~4gです。

なので、約5個分摂取することになりますね。

 

しかし、目安量が6~7個分ってのはちょっと厳しいですね・・・。

 

寝る前のオロナミンC

あまりおススメしません。

前述でもお伝えしましたが、カフェインを含んでいて覚醒作用がありますので、寝付けにくくなったり睡眠の質が落ちる可能性があります。

とはいえ含有量はオロナミンCは15%、緑茶は20%なので、他の飲み物と比較しますとそこまで高くありません。

また個人差もありますので、人によってはそこまで影響がないかもしれません。

 

ちなみに自分はあまり影響がないほうなので、2~3時間前でしたらそこまで影響はありません。

 

オロナミンCは中毒性がある

オロナミンCは甘くてキレのある飲み物なので、糖分が高いという点ではどんどん飲みたくなります。

また、カフェインが含まれているので、カフェイン中毒に陥る可能性があります。

しかし、何度もお伝えしていますが、オロナミンCのカフェイン含有量は比較的少なめなので、他の飲み物でカフェインを摂取していないかぎりは可能性は低いです。

 

長生きしている人はオロナミンCを愛用している

飲みすぎのリスクや効果などをお伝えしてきましたが、それでも長生きしている高齢者さんがオロナミンCを愛用しているお話はよく聞きます。

以前、テレビでも紹介された最高齢のギネス記録を更新している(2021年3月現在)方がオロナミンCを愛用しているとのことで話題になりました。

 

 

面白くひねったツイートをされています。笑

 

つまり、飲みすぎはよくないけれど、適量ならその効果に期待出来るんじゃないでしょうか。

 

まとめ

  • 飲みすぎは糖質やカフェインの過剰摂取になりやすい
  • 副作用はない
  • 覚醒作用でスッキリしやすい
  • 子供は少なめがベスト
  • 1日0.5~1本が良い
  • でも糖分が高いことは留意しておく
  • 他の飲み物に比べてカフェインは少なめなので、寝る前や中毒性の影響は個人差あり
  • 長生きしてる方で、愛飲してる方もいる

 

毎日飲むなら↓がお得です。

スポンサーリンク