芋けんぴは太るのに止まらない!?食べ過ぎは体に悪い!おすすめでヘルシーな芋けんぴを紹介

ポテチとかに比べるとちょっと古臭いですが、芋けんぴって甘くて堅くて美味しいですよね。

だいたい美味しいものって太りやすいです・・・芋けんぴも食べ過ぎたら太ります。笑

太るうえに体にも悪いです。

わかっちゃいるけど、止まらないですよね。

とくにストレスが溜まったときにゃ精神安定のように爆食いしちゃいます。

そこで、

  • 体に悪い理由
  • 爆食いをやめる方法
  • おススメのヘルシーな芋けんぴ

を紹介します。

スポンサーリンク

芋けんぴは太るうえに止まらない・・・

冒頭でも言いましたが、芋けんぴは精神安定させるためのように手が止まらない・・・。

ついつい爆食いしちゃいますよね。

まるまる1袋無くなったときにやっと気が付いて後悔しますよね。笑

 

それでもメリットはある

食べ過ぎはよくないですし後述しますが、ある程度でしたらメリットもあります。

  • 不溶性食物繊維で便秘解消
  • カリウム豊富でむくみ解消
  • ビタミン豊富で疲労回復や美肌効果

 

ほとんどが美容に直結してくるので適量でしたらとくに女性にオススメですね。

とはいえ市販の芋けんぴでしたら、なるべく控えたほうがいいんですけどね。

 

写真付きで投稿している愛食者もたくさんいらっしゃいます。

 

芋けんぴを食べ過ぎると体に悪いです

芋けんぴ

なんでもそうなんですが、もちろん芋けんぴも食べ過ぎると体に悪いです。

  • 高カロリーで太る
  • 逆に便秘

 

市販の芋けんぴでしたらひと袋(100g)450~500キロカロリーはあります。

お米をお茶碗2杯分、ショートケーキ2個分に相当します。笑

またメリットのほうで便秘解消に繋がると紹介したので、矛盾?と思うのですが、

芋けんぴの食物繊維は不溶性食物繊維なので食べ過ぎると水分が減り便が固くなりがちになり、便秘につながりやすくなります。

また体には大きく影響はありませんが、生理現象としてオナラが出やすくなります。

サツマイモは消化がしにくいので、胃と腸が消化しようと活発になって、そのぶんガスが発生します。

 

おススメのヘルシーな芋けんぴは?

市販の芋けんぴは大体同じようなカロリーと内容です。

なのでノンオイルで手作りしちゃいます。

 

  • 材料
    さつまいも100g
    砂糖大さじ1
    蜂蜜大さじ1(黒糖でもOK)
    水大さじ1

 

  1. サツマイモ(100g)をスティック状に切る。(3~5mm)
  2. 水に5分ほどさらす。(アク取り)
  3. キッチンペーパーで水分をふき取る
  4. レンジでチン。(600w3分)
  5. オーブンで焼く。(140度15分)※厚みで微調整
  6. 砂糖、蜂蜜、水をフライパンに入れる。
  7. 沸騰させたらサツマイモを入れる。
  8. 火をゆるめて、1分ほど絡める。
  9. 完成。(味見しながら好みに微調整)

 

油を使っていないので、市販よりもヘルシーです。

 

まとめと食べ過ぎないようにするために

食べ過ぎは体に悪いって、なんでも食べ過ぎは体に悪いんですけどね。

太るからといって制限してしまうと、余計食べたくなりますしリバウンドにも影響しそうです。

なので自分は食べたいときは食べます。

そのかわり朝昼晩のいずれか3食で調整するようにしています。

つまり1日トータルでのカロリーを帳尻合わせします。
(だいたい、ですが。笑)

そんな感じで食べたいときは食べますが、芋けんぴ以外で食べ過ぎたらもちろん控えるようにしました。

スポンサーリンク